スポンサードリンク
Home >> 両分子フコイダン >> 両分子フコイダンとは?
Page: 1/1   

両分子フコイダンとは?

両分子フコイダンというキーワードがフコイダン療法で密かに話題になっているようです。


両分子フコイダンとはいったいなんなのでしょうか?


簡単に言うと低分子フコイダンと高分子フコイダンを配合し、
双方の特徴をいかすように開発された最新のフコイダンという事です。


そもそもフコイダンはその成分に着目されて西洋医学の治療の枠を超えた末期患者に対しての代替医療に使われるようになった経緯があります。


そしてフコイダン療法によってがんに対して一定の効果・効能が認められ、
フコイダン飲用による副作用もないということから使われるようになってきています。
しかし言い方は悪いですが所詮は代替医療というであり、がん治療の軸は抗がん剤などの西洋医学による治療になるわけです。


抗がん剤は相当に強い薬ですから当然副作用も存在し、
抗がん作用のほかにも免疫力の低下をもたらしフコイダンの飲用が出来なくなるといったケースもあります。


その免疫低下を防ぎつつがんを改善するために新しく研究開発されたのが、
両分子フコイダンなのです。


利用方法の例としては、がん治療は患者一人一人に対して適応する抗がん剤を探す事になるのですが、その組み合わせをテストして探している内にがんが進行したり、抗がん剤の副作用で免疫力が低下したりで末期になってしまったりという事があるので、両分子フコイダンのさようでがん細胞を休眠させて進行を遅らせて適する抗がん剤を探すといった利用方法があります


両分子フコイダンは健康食品でありながらそういった副作用の軽減効果や改善効果が認められ、世界中で注目されている成分なのです

| syun4yr3 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:両分子フコイダン